信用取引の初心者におすすめしたいコツとは何か?

仕組みをよく理解して、ロスカットを意識した運用を!

信用取引は、証券会社に現金や株を担保にして預けることにより、お金や株を借りて担保の約3.3倍の取引ができる仕組みです。証券会社に預ける担保を保証金と言い、例えば30万円を預ければ100万円までの取引ができます。お金ではなく株を借りた場合、その株が下落すれば、高く売って安く買い戻すことができるので利益が出ます。このように少ない資金を効率的に使うことができて、株価の下落局面でも利益を上げることができる信用取引は魅力的です。しかしながら、投資であることには変わりないので損失が出る場合もあります。信用取引では、損失が出ている局面でのロスカットいわゆる損切りは、早めに行うことが必要です。早いうちに見切りをつけることができないと、追証や返済期限が近づいてきて、思うような取引ができず、冷静な判断にも影響を及ぼしてしまうことがあるからです。

見落としがちな信用取引のルールとは?

現物取引とは違う信用取引のルールを知ることは、よりよい運用につながります。ここでは見落としがちなルールを2つ紹介します。1つ目は、同じ日に同じ銘柄を同じ保証金で何度も取引できることです。取引の決済後、その保証金を受渡日を待たずにすぐに次の取引に充てられるので、同じ資金での回転売買ができます。また、決済して得た利益も保証金としてすぐに利用できます。現物取引の場合は、同じ銘柄の取引は一往復に制限されています。2つ目は、信用取引の決済方法には反対売買だけでなく、現引と現渡が使えることです。現引とは、買建玉を保有している時に、建玉の代金と費用を払うことで現物株式を引き取る方法で、現渡とは、売建玉を保有している時に、建玉と同じ銘柄の現物株を渡すことで決済して売建玉の金額を受け取ることです。