こうすれば信用取引で成果を得られる!

信用取引で確実に利益を得る方法

信用取引を行えば有利になる株の買い方があります。例えば現物買いと信用取引では手数料が違います。信用取引のほうがかなり割安で株の購入方法で頻繁に取引を行うデイトレードやスキャルピングなどの場合は有利になるだけで確実にもうかる訳ではありません。しかし株式優待の権利落ちの日に優待が欲しい銘柄を購入します。それと同一の銘柄を空売りしておけば株の動きに全く関係なく手数料と金利だけで株主優待権を得てしまうことになります。優待権を得る為に結局株価が暴落して大損をしては意味がありません。優待の時期は株価が変動しやすく上がるか下がるか誰にも予測はできません。この方法を行えば株価がどれだけ変動しようとも現物買いと空売りで利益と損失を相殺される為株主優待権をリスクなく得ることができてしまいます。

空売りでつなぎ売りをすることで損失をカバーできます

現物買いの長期保有をしている人が急な相場の下落を予想した時、評価損を回避する方法があります。保有している株を持ったまま同じ銘柄を空売りをする「つなぎ売り」が有効です。予想どおり値下がりした時点で買い戻せば、損失と利益が相殺され評価損が補えます。予想に反して値上がりしてしまっても空売りを買い戻して決済して、現物買いの値上がありこちらも相殺でき評価損補うことができます。株式の買いと株式の売りを相殺することで急な株式の下落があっても株式全体の相場の下落の影響を抑えることが可能です。信用取引の活用で「高くあったらつなぎ売り、下がったら買い戻し」この行為をこまめに繰り返すことで評価下げずに長期保存ができるはずです。