初めてでも安心!信用取引で成功しよう!

現物取引と信用取引を組み合わせ損出を抑えることができます

信用取引を初めてお行う方は、現物取引の3倍の株を購入することが出来たり空売りで売りから入ることができます。チャンスン広がり大きな利益を得る可能性があります。逆に初心者の場合は大きな損失に繋がってしまうことが多いようです。信用取引を始めて行う場合は最初から大きく株を購入したら空売りをしたりしないで、まずは損失を無くす取引から始めてみましょう。現物買いである程度値上がりすれば値下がりが予測できます。そう言った局面で何もしないでそのまま放置すれば損失に繋がります。下がることがある程度予測できればその時点で空売りで現物株と同数の株の売りを仕掛けて置けば、値下がりして底を打った時点で買い戻せば現物のマイナス分を相殺できます。損失なしでまた値上がりすれば大きな利益に繋がるはずです。

信用取引を利用して優待権を獲得しましょう

信用取引で確実に利益を出す方法として、現物取引では優待券を得ることができますが、決算時期は大きく株価が変動してしまいます。ただ単に優待権目当てで株を購入しても、権利落ち日以降に急激に値下がりすれば優待権を獲得した意味がありません。このような時に現物買いと同数空売りを仕掛けておけば利益や損失を相殺できる為、極端な言い方をすれば優待権をただで手に入れたと同じとことになります。この方法を「つなぎ売り」といいます。初めて信用取引をする方は、3倍の株を購入でき売りから入る空売りができるため色々と試したくなるはずです。利益を確保できるチャンスが広がりますがその逆も考えられます。最初は信用取引を利用して確実に利益を得ることのできる、優待権を獲得することから始めましょう。