絶対に損しない!信用取引に成功する秘訣

利益が出たら、すぐに確保

信用取引をする際には、次のような事があります。それは、保証金と売り買い出来る金額です。信用取引では、売り買いしたい銘柄代金30%の保証金が必要です。この30%の保証金ですと、大体3倍位の取引が出来ます。ですから、保証金30万円を預けると、30万円÷0.3で100万円までの取引が出来る事になります。本当は、30万円しか持っていないのに大体100万円の取引が出来ますから、利益も30万円で現物株を売り買いした時の大体3倍になります。このように信用取引の方が大きな利益になる事が可能になります。これを「レバレッジ」と言います。利益の事を考えると、とても良い手法になりますね。それには、利益が出たら、短時間の内に確保しましょう。

データの積み上げで、稼ぐ!

信用取引のベストは、裁量だけでの売り買いは、しない事です。それが、成功者の大多数が実践しているやり方です。信用取引で利益を得るには沢山の書類に目を通して、今までの値動きのデータや経験値を活かした売り買いが必要になってきます。信用取引で多く利益を上げているトレーダー達が普通に売り買いしている手法には、期限落ちを狙うというものがあります。これは建玉が膨らんだ時に、証券会社や機関投資家の建玉は返済期限スレスレまで保有されるものがあるので、返済期限に反対売り買いをするといったものです。これは、株価が元に戻る傾向になるためで、株価が戻ってから安心して手仕舞い決済するといった手法で稼ぐことができるんですよ。